読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハトガジェ!

パズドラ・RO等ゲームの攻略情報と気ままな日記です

ポケモン 【野生乱数】BWのIDを乱数調整してみる【固定乱数】

というわけで引き続きポケモン乱数ネタを。

パズドラはムラコレのオオクニヌシ目的で魔法石が5個溜まったので引いたら

アスタロトでした。自分の運命力がこわいです。間違いなく僕の嫁はアスタロト

 

f:id:picci:20131008223250p:plain

成功した例です。

 

ソフトのパラメータの特定は前もってやっておいてください。

 

ID調整をする理由

  • 野生のメタモン(ジャイアントホール)を色違いにしてみる
  • 野生色違いの副産物で固定シンボル色違いも出来る
  • 周回用ポケモンがID調整により同じ名前を使う限りバッジ無しで言うことを聞く

というわけで、シンクロ可能な6Vメタモンを色違いにしてみようという話です。

 

やった内容をまとめたメモを取っておくといいと思います。

f:id:picci:20131008225045j:plain

僕のパラだとこんな感じですね。

 

必要なツール

  • SSS4
  • bwseed
  • sidseed
  • paramsearch
  • cal_offset

 各作成者様に最大の感謝を!

続きから説明していきます。

 

 

1.SSS4で6Vが可能な初期SEEDを検索しておく

f:id:picci:20131008224831j:plain

というわけで、自分のパラメータを入力してSSS4で検索します。

この場合、チェック項目は以上と同じでOKです。

  • 個体消費乱数は0~0
  • 性格値乱数は70~120あたりがおすすめ

年,月,日,時,分,秒,消費数,H,A,B,C,D,S,めざパ,威力,初期seed
62,10,26,17,11,48,0,31,31,31,31,31,31,あく,70,FC4AA3AC40A9B376

 

結果はこちらを使いました。

 

2.bwseedlistでシンクロ可能な個体があるか確認

まずはyasei.txtというファイルをbwseedlistと同じフォルダに入れます。

f:id:picci:20131008230010j:plain

そのtxtファイルは野生色乱数をする場所のテーブルを入力したものです。

このテーブルはwikiにのっていますのでそちらを参照してください。

これがないと野生リストの出力ができません。

その後bwseedで検索していきます。

f:id:picci:20131008230439j:plain

初期SEEDは先ほどSSS4で検索したものを、消費数は200まで検索をかけます。

それにより出力された野生リストがこちら。

f:id:picci:20131008230526j:plain

ざっと見てみたらメタモンが連打している場所がありました。

選択する消費乱数(左端の数字)は

  • 選ぶ位置はシンクロが可能である
  • 選ぶ位置より2個先もシンクロ可能である

この二つを満たした場所を探します。

とりあえず、一回目の検索でありましたので、この位置(92)を使う予定です。

 

年,月,日,時,分,秒,消費数,H,A,B,C,D,S,めざパ,威力,初期seed
62,10,26,17,11,48,0,31,31,31,31,31,31,あく,70,FC4AA3AC40A9B376

 

92,メタモン    (55),むじゃき ,○,80B3B20D,

 

これまでのデータ以上の通り。

 

 

3.調整先IDを決める

92,メタモン    (55),むじゃき ,○,80B3B20D,

2.で求めた右端の数字列を使って、sidseedよりIDを決めます。

今回の表IDは65535です。

f:id:picci:20131008231032j:plain

こんな感じになりました。

選ぶ裏IDは「偶数-偶数」または「奇数-奇数」となっているものを選ぶといいそうです。

というわけで一番下のIDを選びます。

 

 

4.色違いが出現するかチェックします

f:id:picci:20131008231249j:plain

というわけで、希望の表IDと裏IDが決まりました。

そのIDで色違いが出現するかどうかをbwseedに入力して確かめます。

画像の通り求めた裏ID等を入力、ID補正にチェックを入れ野性リストを出力。

f:id:picci:20131008231728j:plain

すると2.で定めた位置に★が出現しました。

この★がない場合は色違いにならないということなので、ID決めからやり直し。

または初期SEEDの検索からやり直しです。

 

 

5.seedparamsearchで調整IDが出る時間を検索

f:id:picci:20131008232302j:plain

というわけで、パラメータを入力して検索します。

総当りにチェックは必要ありません。

秒数の指定だけ11~30秒ぐらいをおすすめします。

  • 時間調整→電源オフ→電源オン→ソフト開始

このサイクルが最速でも10秒あたりからしかソフト開始を出来ないので11秒から、

そしてその後の待ち時間の長さを考えると30秒あたりまでがちょうどいいかなと。

多くの数あたりませんので画像は割愛します。

 

02215F10,60,c7a,6,6000000,0,10,27,1,54,28,D016356FD24FF9C2

 

出現したのはこのSEEDです。

こちらのSEEDは2000年10月27日1時54分28秒に起動という意味ですが、

最初に検索したSEEDは色違い野生メタモンを出現させるための起動時間であり、

こちらのSEEDは色違い野生が出現するようにするためのID調整用起動時間です。

 

 

6.bwseedで調整先ID出現位置を確定させる

bwseedに「D016356FD24FF9C2」こちらのSEEDでタマゴリストを出力します。

f:id:picci:20131008233745j:plain

IDとかの入力はいりません。

検索した結果がこちらです。

f:id:picci:20131008233911j:plain

検索しているCD48というのは裏ID+1を16進数に変換したものです。

今回は52551+1 (10進数) = CD48 (16進数) という感じですね。

で、検索してヒットするところが欲しいIDになる位置です。

 

7.オフセットを求める

オフセットとは乱数消費をしなかった場合の初期位置のことです。

これはcal_offsetを使います。

f:id:picci:20131008234232j:plain

1か2か聞かれるので、1を入力。

データ削除状態からはじめるので、セーブデータなしの方のオフセットを見ます。

オフセットは30ということで、ギリギリですね。

もう少し余裕を持った個体検索をしたほうがいいかもしれませんね。

 

 

8.ID調整をする

後は実践するだけです。

今まで求めたものをリストアップします。

  • 野生メタモンを色違いで出現させる初期SEED
  • 上を出現させるためのID調整用初期SEED
  • ID調整するためのオフセット

 

  1. ID調整用SEEDの起動時間の1秒前にソフト選択をします
  2. 白い画面ではボタンを一切押しません
  3. 黒い画面からAボタン連打です
  4. はじめからを選択
  5. アララギ博士から性別を聞かれますが、好きな方を選びます
  6. 名前を聞かれ入力すると「○○だね?」と聞かれるので「いいえ」を選ぶと乱数を1消費します
  7. 今回はオフセット30、目標31なので1だけ消費してゲームをスタートします
  8. IDが目標の数字ではない場合はTimerズレか起動時間ズレなので時間設定からやり直しです

f:id:picci:20131008223250p:plain

うまくいけばこんな感じになります。

 

以上になります。

それでは、あでゅーノシ