ハトガジェ!

パズドラ・ネトゲ等ゲームの攻略情報と気ままな日記です

【パーティ?メンバー紹介その3】ギャラドス育成論

お久しぶりです。1か月毎に更新、可能なら1週間に1回は更新したいなぁと思ってますが…。

エンペルトは氷4倍弱点には良き相棒、ということで紹介しました。
エンペルトは素早さが心もとなく、というよりS100以下のポケモンは基本的に心もとないです。
理由として101〜105には強力なポケモンが多いので、耐久が無いポケモンや弱点を突かれたりすると、すぐ落ちてしまいます。

エンペルトは地面格闘に弱く、炎も等倍なのでゴウカザルの食い物にされやすいです。
また、マイノリティではありますが、バシャーモの馬鹿力にも食われます。
そこで、炎格闘地面、電気以外の物理全般に強いギャラドスです。

ギャラドスは、DPtから技が物理と特殊に分けられ、水物理という主力ウェポンを手に入れました。
RSE以前では水=特殊であったため、火力不足が否めませんでした。
せっかくの攻撃種族値を捨てているようなものでした。
滝登り、アクアテールの物理化によりギャラドスが物理アタッカーとして使えるようになりました。
サブウェポンのストーンエッジの出現も大きな要因の一つでしょう。

また、アタッカー以外としても十分な性能を誇ります。
補助では電磁波、物理受けとして威嚇、眠る。
そんな万能ポケモンギャラドスの紹介です。

ギャラドス

ポケモン名】ギャラドス
【性格】腕白
【特性】威嚇
種族値】H95 A125 B79 C60 D100 S81
努力値】H252 B252 S6
【技構成】滝登り/電磁波/ストーンエッジ/眠る
【持ち物】カゴの実

この構成は物理受けとしてのギャラドスです。
麻痺を撒くことによって、エンペルトボーマンダが動きやすくなります。
また、たいていの物理攻撃を耐えうる性能なので、眠カゴのコンボで長く場に居続けることができます。
広範囲をカバーするため、水岩という相性の良い攻撃技を選出しています。

アタッカーとして使用する場合
【性格】陽気
努力値】H8 A252 S252
【技構成】滝登り/龍の舞/ストーンエッジ/挑発
【持ち物】ラムの実orソクノの実

典型的なギャラドスです。バトレボで扱われるほとんどのギャラドスがこの構成でしょう。
たまにメガネギャラという変態型がいますが、それならメガネマンダをつかいたいところ。
一度、もしくは二度舞ってからの滝登りが強力です。
挑発により、電磁波等の補助技を封じ、相手の耐久型を封じることもできます。
サブ10万ボルト程度ならば、ソクノの実で耐えることができるので、押し切ることができます。

技構成
・滝登り
メインウェポン。水物理で命中100威力80怯み10%で、アクアテールと比べ威力-10命中+10怯み+10%です。
どちらを選ぶかは好みの問題でしょう。受け型ならば滝登り択一です。

ストーンエッジ
代表的サブウェポンの一つ。地震との二者択一ですが、地震ではマンダの相手が出来ませんのでエッジで。
また、炎に対しては滝登りでいいですが、虫や飛行には地面は意味がないので岩がより良いと思います。

・挑発
補助技の一切を使用できなくする補助技です。耐久型に対しては絶対的圧力となりますので、アタッカーならば欲しいところ。
ゴウカザルの身代わり等には先行できないので、もう一手必要になります。舞って挑発するだけですけど。

・龍の舞
隙あらば舞います。一度舞えば、スカーフを持った相手以外に先手が取れます。先制技に電気タイプが存在しないので、舞ってしまえばサンダースすら突破できます。サンダー・ジバコイルは厳しいでしょうね…。

・電磁波
地面・蓄電・電気エンジン以外に刺さる優秀な補助技。
麻痺の効果で素早さが4分の1になりますので、刺さればおいしい。


ギャラドスの仕事は格闘と炎受けです。特防の種族値の高さから、いまひとつであれば、特殊アタッカーも受けられます。
素早さ81族と80族を抜くことができますので、サーナイト等を抜きたい場合は最速が良いでしょう。
カイリキーに対してはグライオンのほうが良いです。はさみギロチンおいしいです。
鉢巻でない限り、ヘラクロスを突破でき、挑発があればソーナンスを封じることができので、
厄介なソーヘラを完封できなくもないです。